素直な気持ち  

俳句のこと、日々の出来事などを綴っています

実家の大量の食器類を片付けて(断捨離)きました

f:id:teresatotomoni:20210212200856j:plain

皆様、こんにちは

先日、実家の床をリフォームをすることになり、食器棚を移動するのに、中のものを出すのを手伝いに行ってきました。

 

まあなんということでしょう、出てくるわ出てくるわ。幅90㎝、高さ200㎝くらいの食器棚と幅150㎝、高さ70㎝くらいのチェストのようなものの中から出てきたお皿、器、カップ類など600個以上。

そのうち処分したのは300個以上。何十年も使わず、棚の奥にしまわれたままのお皿類。残した物の中にはコーヒーカップ5客セットが5組。使わないでしょ⁉︎高価なものならわかるけれど、いつでも買えるような物ばかり。うちの母も一緒に処分しながら、「すっきりしたわ」と、断捨離のすがすがしさに少しは気がついたようですが、まだまだ執着のかたまり。

でも、断捨離は何度も捨てていくことで、どんどん吹っ切れて捨てられるようになっていくもの。もう断捨離に目覚めてから10年以上経つ私もそうでしたし、まだ執着があって捨てられないものもあります。

 

うちの両親も70代後半。食器棚は氷山の一角。あまりに家に物が多すぎる。両親を説得し、少しずつ不要なモノを処分していかなければと思うこの頃です。