もう秋

f:id:teresatotomoni:20200807094621j:plain 

初 秋

二十四節気 立 秋

七十二候  涼風至 すずかぜいたる 

 

皆様、こんにちは

八月七日は立秋、暦ではもう秋です

 

日中はまだまだ盛んにセミが鳴いていて、うだるような暑さですが、夕方にすう〜と吹く涼しい風にはっとさせられることがあります

もう夏も終わりだな‥‥

 

『古今和歌集』の中で、ゆいいつ暗誦できる歌があります

『古今和歌集』169番目

 

秋立つ日よめる  藤原敏之朝臣

秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる

 

(現代語訳)

立秋の日に詠んだ歌 藤原敏之

「ああ、秋がきたな」と、景色を目で見たところでは、はっきりとはわからないが、風の音を耳にすれば、自ずからはっとして、秋の訪れを感知する

 

小学館 『日本古典文学全集 古今和歌集』より

 

そっとしのびよる季節の変化を五感で感じとる、そしてそれを言葉に表現できたらいいなと思う今日この頃です

 

 

【今日の一句】

     立秋や雲の上行く雲とほく 

              鈴木真砂女