素直な気持ち  

俳句、断捨離、日々の出来事をのんびり綴っています

俳句

『夜の水平線 津川絵理子句集』

野良猫の短きしっぽ藤の花 自分の俳句の下手さに落ち込んで、俳句を作る気がなくなってしまった。 好きな津川絵理子さんの『夜の水平線』をもう一度読んだ。 簡単な言葉にみずみずしい感性が溢れている。 こんな句が詠めたらいいな。 『夜の水平線 津川絵理…

つばめが帰ってきた

初燕北の国には戰あり 今年も燕が帰ってきた! さかんに仲間と鳴き交わしている 無事、遠い南の国から日本に帰ってきたんだね お帰り 好きな句を一句 つばめつばめ泥が好きなる燕かな 細見綾子 感謝

山茱萸

山茱萸や人の行き交う散歩道 近くのスーパーへ買い物がてら歩いた。いつもは車で行くけれど 今日は良いお天気だったので歩いた。 春爛漫の日差しに桜が咲きかけ、山茱萸(さんしゅゆ)の黄色い花が咲いている。 山茱萸なんて難しい名前の木、俳句を始めるま…

俳句教室に行こう

散り散りに膨らむ鳩や冴返る 鳩さん、今日は寒いですね 午後から冷たい雨も降り始めた ドトールで読書して過ごす その後、意を決してカルチャーセンターに俳句教室の申し込みに行く しかし、都合の良い曜日の俳句教室はベテランの方が中心と聞き 怖気付いて…